クレジットカードの強制解約とは?

クレジットカードの支払いを延滞してしまうと、場合によっては強制解約となってしまうおそれがあります。通常、支払日まえに利用明細書が送られてきて、銀行口座に入金しておくといった流れになっていることが多いでしょう。お給料が振り込みされる銀行口座で、そのまま入金の手間なく支払いをしているという方もいらっしゃるかもしれませんね。

しかし、まれに入金忘れや残高不足で引き落としができなくなってしまうということがあります。再度引き落としをするシステムになっていなかったり、引き落としができなかったりすればクレジットカード会社から連絡が入り、振込で支払いをするための連絡先などが郵送されてきます。もちろん振り込み手数料は必要になります。この段階では、とくに悪質な延滞などと判断されることはありませんが、個人信用情報に履歴が残ってしまう可能性もあります。

そして、こういった延滞の履歴を何度か繰り返したり、振込の期限を過ぎても支払いをしないということをしたりしてしまうと、強制解約という判断をクレジットカード会社が行います。クレジットカードは信用でショッピングやキャッシングをするものですから、信用がないという判断になります。

強制解約をした履歴は、最低でも5年はかかります。さらに、そのクレジットカード即日発行会社では社内ブラックとしてずっとカードを作ることができないといわれています。系列の会社でも作れなかったということもあるようです。支払日、締め日、入金などには充分注意しておくことがとても重要になります。