プロミスは他社の借り入れがあっても大丈夫なの?

プロミスは他社の即日借り入れがあっても審査に通る可能性は高いです。目安としては、3社以内ならば可能性があるでしょう。すでに他社から4件以上借り入れがある場合には、大手の消費者金融のプロミスで借りることは難しくなってきます。一般的に、5社以上から借りている人のことを多重債務者と呼びますが、多重債務者の人は審査でかなり不利になります。

プロミスは消費者金融なので、総量規制がかかります。他社からの借り入れが3件以内であっても、すでに年収の3分の1を借りてしまっている人は、法律的にそれ以上は借りられません。ただし、銀行からの借り入れなどは、総量規制の対象外なので、計算には入りません。貸金業者からの借り入れが年収の3分の1を超えていなければ、可能性があります。ただし、銀行カードローンで借りている人も、個人信用情報を参照すればその情報はプロミスにバレますので、借りている金額が大きい場合などには、審査に影響することもあります。

プロミスの審査では、総合的なスコアが重要になるようです。年収、勤務形態、勤続年数、年齢など、さまざまな項目が見られて、総合的なスコアが基準を超えていれば、借りられる可能性は高いでしょう。1つのポイントで不安要素があったとしても、総合的に基準をクリアしていれば審査に通る可能性が高いので、他社からの借り入れがあるというだけで、審査に通るか、落ちるかということはわかりません。総合的に、自分の属性に問題がないかを考えてみましょう。