モビットとゆうちょの違い

モビットと「ゆうちょ銀行」は、どちらもお金を借りることのできるローン商品を取り扱っていますが、どのような違いがこのふたつにはあるのでしょうか。

まず、ゆうちょ銀行で取り扱っているローン商品は「財産形成貯金担保貸付け」・「貯金担保自動貸付け」・「国際等担保自動貸付け」の3種類です。そして、これらはどれも「担保あり」の商品になります。
それに対して、モビットで取り扱っているローン商品「モビットカードローン」は、「担保なし」の商品です。

担保ありの商品と、担保なしの商品の違いのひとつは、貸付利率です。
たとえば、万が一にも貸付者が返済を滞らせてしまった場合に、担保ありの商品の場合は、たとえ低い金利でお金を貸していても、担保を売却するなどして返済金を回収することができます。ですから、低い金利でローンを提供していても、最終的には必ず利益が見込めるのです。
しかし、その反面、担保なしでは利益が最終的に見込めるという保障がありません。よって、どうしても金利は高くなりがちです。

となると、お金を借りるなら、担保ありの商品を取り扱っているゆうちょ銀行一択なのではないかと思われますが、やはりそこは、担保ありにもデメリットが存在しています。
まず、担保となるものがなければ契約不可能なことは当然ですが、その他においても、やはり手間がかからず、すぐに利用することができるという点においては、モビット口コミを見ても担保なしのモビットに分があります。
担保なしのローンは、気軽に利用できることを売りにしているということもあり、申し込んだその日の内に契約が締結し、すぐにお金を借りることができるのは、大きな利点です。

以上のように、最終的には、利用者の好みや事情に寄るところが大きいですが、たとえば急ぎでお金が入り用になったときや、数万など少額の借り入れであればモビットを、まとまった金額が必要なときや、計画的なお金の入り用には「ゆうちょ銀行」を、というようにしてみてはいかがでしょうか。